北海道ハイテクACとは

IMG_90582
世界で活躍する「ハイテクAC」のトップアスリートたち
陸上競技・短距離を主体とした全国レベルのトップアスリートが所属する「北海道ハイテクアスリートクラブ(ハイテクAC)」は、滋慶学園グループの全面支援により2006年に設立。
選手たちは、北海道ハイテクノロジー専門学校の職員、または学生として活動しながら、中村宏之監督のもと、日々トレーニングに励みレベルアップに取り組んでいます。
北海道から世界へをコンセプトに日本のトップレベルで活躍する選手が所属しています。

北風沙織 

クラブ概要

名称 北海道ハイテクアスリートクラブ(ハイテクAC)
設置 2006年
所在地 北海道 恵庭市
選手数 7名
スタッフ数 3名
代表者 中村 宏之

クラブの足跡

2006年 北海道ハイテクアスリートクラブ(ハイテクAC)を設立
ハイテクインドアスタジアム竣工
2008年 女子100m 11秒36 日本タイ記録樹立(福島千里)
北京オリンピック出場(福島千里)
2009年 女子100m 11秒24 日本新記録樹立(福島千里)
女子4×100MR 43秒58 日本新記録樹立(日本チーム1走 北風、2走 福島)
世界選手権ベルリン大会出場(福島千里、寺田明日香)
アジア選手権広州 女子100m優勝(福島千里)
2010年 女子100m 11秒21 日本新記録樹立(福島千里)
広州アジア大会 女子100m・200m優勝(福島千里)
2011年 女子4×100MR 43秒39 日本新記録樹立(日本1走 北風、3走 福島)
アジア選手権神戸 女子4×100MR優勝(日本3走 福島)
世界選手権テグ大会出場 100m・200m準決勝進出(福島千里)
2012年 ロンドンオリンピック出場(福島千里)
2013年 アジア選手権インド 100m2位、200m4位(福島千里)
世界選手権モスクワ大会出場 (福島千里)
第1回 北海道ハイテク AC杯レディース陸上競技選手権大会 開催
ハイテクジュニア部 設立
井越朱梨(札幌前田中)、斎藤陽向(広葉中)、町井愛海(浜分中)、御家瀬緑(太平中)、アシィ・しおり(室蘭大沢小)、石堂陽奈(八雲小)、大越梨聖(付属函館小)、中村愛海(椴法華小)、中山璃子(岩見沢日の出小)、渡辺愛佳(美唄東小)、山谷朋加(札幌しらかば小)
2014年 世界リレー バハマ 女子4×100MR 日本代表(1走 北風)
仁川アジア大会 女子100m2位、200m3位、4×100MR3位(福島千里)
2015年 世界リレー 女子4×100MR 日本代表(3走 福島)
アジア選手権 武漢 女子100m優勝 (福島千里)
女子4×100MR2位(1走 北風、3走 福島)、女子走幅跳(平加有梨奈)
世界選手権北京大会出場 女子100m準決勝進出200m(福島千里)
2016年 日本選手権 女子100m7連覇、200m6連覇
22秒88 日本記録樹立(福島千里)
女子走高跳 優勝(京谷萌子)
リオデジャネイロオリンピック出場 女子100m・200m(福島千里)
2017年 日本選手権 女子200m7位(島田雪菜)